トップ

色とTシャツを考える

色が人の心理に与える影響

色は人の心の働きに影響を与えている

会社の販促イベントや学校の文化祭などを彩るオリジナルTシャツ。場を盛り上げ、チームの団結にも繋がるアイテムですが、いざ自分たちで作るとなると、まずどこから手を付けてよいのか迷ってしまいますよね。

そんな初心者の方のために、まずはオリジナルTシャツにおける色選びからお教えします。各色が与える印象の違いやそれらの色を用いた組み合わせについてご説明しますので、ぜひオリジナルTシャツを作る上で参考にしてみてください。印象的なオリジナルTシャツを作るならこちら。

■色が人の心理に与える影響とは
普段何気なく選んでいるTシャツの色ですが、選ぶ色により人の心に様々な影響を与えるといわれています。試しに色の効果を別の物に置き換えて考えてみましょう。例えば、お米のパッケージに青などのお米とイメージが繋がりにくい色が使われているよりも、お米のイメージとダイレクトに繋がる白が使われている方が、美味しそうに見えて手が伸びやすいですよね。
このように色は文字や画像よりも、人が思い浮かべるイメージに影響を与える特性を持っています。まとわせる色次第で物や人の印象を一変させてしまうのです。

■色の作用で心を誘導
ここまでは簡単な例として、食品のパッケージが与える心理的効果をもとにご説明しました。しかし、色の力はこれだけではありません。色が与える心理的作用を深く把握すればするほど、色々な用途に応じて人の心を上手く誘導することができます。例えば、初対面の人に会う時、その人の簡単な人間性がわかっていれば、色を使って好感を得ることも可能になるのです。
赤色=情熱的なタイプに効果的
青色=周囲を掌握したい理論派に効果的
黄色=親しみやすいマスコット的存在に効果的

上記はほんの一例ですが、これはオリジナルTシャツの色選びにも、活用できるノウハウだといえます。例えば、通常は黒などの目立たない色が使われているライブイベントのスタッフTシャツも赤色に変えれば、情熱的なファンの方たちをさらに盛り上げることが可能になるかもしれません。

さて、ここまでの流れで、色が人に対して、「生理的な側面(味覚など)」や「感情的な側面(対人関係)」において、多大な影響を与えていることをご説明しました。次のページでは、もっと具体的にそれぞれの色がどのような印象を司っているのかについて迫ります。